2021.03.19

お父さん、お母さんのお酒とたばこ

お酒って飲んではだめ??

妊娠中にお母さんがお酒を飲むと、胎盤を通って赤ちゃんに移行します。
胎児性アルコール・スペクトラム(FASD)といって、赤ちゃんに様々な影響が出ることがあります。

胎児性アルコール・スペクトラム(FASD)とは・・・妊婦の飲酒によって引き起こされる、 中枢神経の障害で、低出生体重児や先天異常(顔 面・心臓・脳など)、精神・発達遅滞、注意力 や記憶力の低下、情緒不安定、多動など様々な症状があります。

授乳中にお母さんがお酒を飲むと母乳の分泌が低下します。また母乳からアルコールが体内に入ると赤ちゃんはおっぱいを飲む力が低下し、発育に影響が出ることがあります。
妊娠中、授乳中はお酒を飲まないようにしましょう。

 

赤ちゃんにとって、たばこは危険がいっぱい!!

おなかの中の赤ちゃんは、胎盤を通してお母さんから栄養分や酸素をもらっています。
お母さんがたばこを吸うと、たばこに含まれる有害物質は胎盤を通って赤ちゃんに移行し、おなかの中で発育が遅れることがあります。また、赤ちゃんが2500g未満で生まれてくる、低出生体重児の危険は約2倍高くなります。

新しい研究では、早産、自然流産、周産期死亡の危険性が高くなることも分かっています。妊娠中にお母さんがたばこを吸っていると、乳幼児突然死症候群(SIDS)が起こる可能性も高くなり、赤ちゃんにとっては危険がいっぱいです。

おっぱいへの影響はあるの??

産後お母さんがたばこを吸うと、プロラクチンの分泌に影響があるため、母乳の分泌量が低下します。

また、たばこの有害物質は母乳中に分泌されるため、赤ちゃんに嘔吐や下痢、脈拍の増加、落ち着きがないなどの症状が現れることがあります。

なくそう 受動喫煙!!

吸いたくないたばこの煙を吸ってしまっていませんか?吸わせていませんか?
受動喫煙とは、たばこを吸わない人が「副流煙」や「呼出煙」と呼ばれるたばこの煙を吸わされることを言います。これらの煙には、たばこを吸う人が直接吸う煙である「主流煙」よりも多くの有害物質が含まれています。
受動喫煙にさらされると、肺がんや虚血性心疾患、脳卒中などの病気のリスクが高まります。また、妊娠中に受動喫煙にさらされることで、胎児の発育に影響が出ることが分かっています。
赤ちゃんにとっては、喘息や乳幼児突然死症候群(SIDS)発症の危険があります。

赤ちゃんを迎えるために、ご家族でお酒やたばことの付き合い方を考えてみませんか?一人では、難しいものです。ご家族で協力してよい子育て環境を作っていきましょう。

ご相談はこちらまで

【相談ダイヤル】

妊娠中から子育て期にわたる相談に対応しています

●受付時間(祝日除く)月~金曜日 8:30~17:00

●受付ダイヤル/すくすく・サポート

・市役所(松山市役所別館1階)       ☎089-948-6343

・保健所(松山市保健所内)         ☎089-911-1822

・南部(松山市保険センター南部分室内)☎089-969-1400

・北条(松山市保険センター北条分室内)☎089-993-0646

・中島(松山市保健センター中島分室内)☎089-997-1177

 

 

 

 

 

 

 

category : 子育て悩み相談 | posted at 2021.3.19

DOCOMAMA SUPPORTER
ドコママサポーター

DOCOMAMA SUPPORTER

ドコママモニター情報!!

QRコード

ドコママのモニター「ドコモニ」になりませんか?

ドコママモニター(ドコモニ)とは、ドコママが提供するお試しモニター制度です。モニターに登録していただくとポイントがもらえます。ポイントは、1ポイント1円で、500円単位で地元スーパーの商品券と交換ができます。

モニター企画で活躍/ママ記者として活躍/座談会・勉強会に参加!!/ママ向け情報入手!!

▲ 登録はQRコードを読み取るか「docomama-mail@mr.fm」へ空メールを送信してください。

PAGE TOP